アロエベラとキダチアロエの違い

宮古島産あろえべらジュース 宮古島産あろえべらジュース

アロエベラとキダチアロエの違いは、なんといってもそのネバリです。

2つのアロエの見た目の違い

キダチアロエは「木立アロエ」と書くように、まるで木の幹から枝が伸びているかのように茎から葉が広がっていることから、そう呼ばれるようになりました。

葉の幅は大きいもので5cm、厚さは1〜2cm程です。

これに対し、アロエベラは葉が折り重なるように地面近くに葉が出ているので、横から見ると逆円錐状に広がっているように見えます。

葉の幅は根元で10cm、厚さは3cm程になります。

意外に思われるかもしれませんが、アロエは花を咲かせます。

キダチは11月頃赤い花を、ベラは5月頃に黄色い花を咲かせます。

キダチの根は太く、地中に向かって伸びていきます。ベラの根は逆に地面近くを這うように細い根が伸びていきます。

ちなみにキダチは葉の根元を切って挿し木にするとしっかり根づいて生長することができますが、アロエベラは葉の根元から切って植えても根は出ず、腐って枯れてしまいます。

キダチは日本と中国の一部にしか生育しておりません。

逆に言えば、ゼリー質が多いベラには冬の気温が低すぎて凍ってしまうので、中国を渡って日本に伝来するまでに、アロエはキダチのような葉の薄く比較的水分の少ないものに変化していったと考えられています。

2つのアロエの中身の違い

アロエベラとキダチアロエの大きな違いは、皮に含まれるアロインの量、ゲルに含まれるムコ多糖体の分子量とその粘りです。

キダチアロエはアロエベラに比べてアロインの量が多く、ベラの1.5倍もの量が含まれています。

このアロインは非常に苦く、アロエベラよりキダチアロエのほうが苦いといわれるのは、このアロインの含有量の違いからきているのです。

変な話ですが、このアロインはキダチに含まれる場合は、食品、化粧品に使用されてもいいが、アロエベラの場合は、食品、化粧品に含まれていてはいけないのです。これは薬事法にて定められています。

もうひとつの違いは、ゲルのムコ多糖体の分子量と粘りです。

キダチアロエのゲルとアロエベラのゲルを比べてみると、決定的に違うのが、その多糖体の分子量とその粘りです。

キダチのムコ多糖体の分子量は4〜5万、ベラの分子量は45万といわれ、その差は約10倍です。

人気・リピート率No.1

アロエベラジュース

送料無料!